コンドロイチンの働き

 

コンドロイチンには医薬品が存在すると言いましたが、それじゃあ痛みを取りたいのであればそれで十分なんじゃないの?と思われるかもしれません。確かにその通りで、例えば石原良純さんがイメージキャラクターを務めているゼリア新薬のコンドロイチンZS錠は確かに関節痛・腰痛に飲んで効くとはっきり宣伝しています。

 

コンドロイチンの量も一日あたり1540mgと十分ですから、医学的に関節痛や腰痛に効く薬と言って良いでしょう。だから足腰が痛くなったらまずはグルコサミンをメインに宣伝しているサプリメントではなく、医薬品であるコンドロイチンを選ぶことが大事なのです。

 

コンドロイチンは元々体内に多く存在していて、私たちの体の中の水分量を維持する働きをしてくれています。

人体は7~8割が水分で出来ていると言われますが、コンドロイチンはその水分の保持を担っている組織の一部。加齢と共に体内のコンドロイチン量が減ると言われていますが、それと共に肌の弾力が衰えたり、シワが出来たりすることとは密接に関係しているのです。

 

もちろん水分の量が関節の滑らかさなどにも影響しますから、コンドロイチンが失われることこそが即ち加齢と言っても良いかもしれませんね。さらにコンドロイチンは、発痛物質を吸着して排泄するという役割もこなしているといわれています。

 

つまり、コンドロイチンには単純に痛みを取り除く力があると言うこと。 これらの働きから、関節痛や腰痛に効くということ、その予防になるということが納得いただけると思います。

 

しかし、中には医薬品のコンドロイチンは試してみたけれど、それでも痛みが引かなかったという方もいるかもしれません。そんな方は、結局痛み止めの注射を打って誤魔化すしかないのか、手術するしかないのか、治るまで寝ていろと言うのかと、絶望に近いがっかりを感じていらっしゃるかもしれません。

 

そんな方には、序盤でちらりとお話したように、関節痛対策のために作られた、本気のサプリメントを使っていただきたいのです。

 

サプリメントであって医薬品ではありませんが、はっきり言って質は医薬品以上。騙されたと思って是非試していただきたいのが、ドクターズチョイスの「N-アセチルグルコサミン コンドロイチン」です。

 

コンドロイチン

 

質にも量にもこだわったサプリメントを

 

既にお話した通り、関節痛や腰痛を和らげたいのであればグルコサミンではなくコンドロイチンに着目した方が良いのです。

 

しかし、だからと言ってグルコサミンが役に立たないかと言うとそうでもなく、長期的に使用することで炎症を抑えたり、血液をサラサラにしたり、オートファジーと呼ばれる、細胞内の掃除のような役割を担うなど、色々と期待できる効果を研究されています。
もちろん関節痛対策においては、コンドロイチンとの相乗効果で働くとも言われていますし、何にせよ摂っておいて損はない栄養素ということで捨てきることが出来ません。

 

ドクターズチョイスの「N-アセチルグルコサミン コンドロイチン」は、普通のグルコサミンとは違い、吸収率が約3倍とも言われている高質のグルコサミンであるN-アセチルグルコサミンをたっぷり1000mg使用しています。

 

そして肝心のコンドロイチンも、他の200とか300とかという申し訳程度の含有量ではなく、しっかり1100mg配合。それも、加齢と共に減少するコンドロイチンのうち、関節痛などと関わりがあるとされているコンドロイチン4硫酸という種類のものを補えるよう、サメではなく鶏や豚由来のコンドロイチンを使用しています。

 

多くのサプリメントがサメ由来成分を使用しており、量も十分でなければコンドロイチン6硫酸という少し違う種類のものを配合しているところ、ドクターズチョイスのものは関節痛の原因となるコンドロイチン4硫酸をしっかり補えるように作ってくれています。

これが、ドクターズチョイスのサプリメントがただの気休めではなく、多くの方に信頼されている所以でもあります。

 

こと関節痛については効かなければ意味がありません。痛みが取れるか取れないかの二択なのですから、痛みが取れるものを作るのが当然と言えば当然なのですが、残念ながら全ての会社でコストを無視した製品を作れるわけではありません。

 

N-アセチルグルコサミン&コンドロイチンサプリの詳細 (90日間全額返金保証)

 

nアセチルグルコサミン&コンドロイチン

 

次のページ