MSM

MENU

ダメ押しの成分で痛みを取る

 

高品質のものをたっぷりと配合することで、関節痛や腰痛、腱鞘炎などの痛みを抑える効果が期待できるドクターズチョイスの「N-アセチルグルコサミン コンドロイチン」ですが、痛みを取るという点で、もうひとつ駄目押しの成分が含まれていることにも注目です。

 

それは、天然の痛み止めとよばれるMSMという成分。

 

なぜグルコサミンなどのサプリメントを飲んで痛みが取れないかと言うと、単純に痛み止めの成分が入っていないからです。

 

先ほどもお話した通り、コンドロイチンには発痛物質を吸着して排泄する働きがあります。だからこそ、関節痛や腰痛にはコンドロイチンの方が効果が期待できるというもの。

 

しかし多くのサプリメントにはコンドロイチンが申し訳程度にしか入っていないばかりではなく、加齢と共に減少し、積極的に補った方が良いとされるコンドロイチン4硫酸には言及せずにいるのです。

 

痛みを止め、治療を志すにはまずコンドロイチンがなければ始まりませんし、治療までの道のりを快適に過ごすために、より効果的な痛み止め成分がなければ、足腰が動かせないという実情は変わりませんから治りが遅くなるのは必然。

 

だからこそ、副作用の心配もなく、優れた痛み止め効果がある成分、MSMは必要なのです。

 

ドクターズチョイスの「N-アセチルグルコサミン コンドロイチン」はこのMSMも500mg配合。加えて吸収率の高い低分子Ⅱ型コラーゲン、ヒアルロン酸も入って、しっかり潤いを無くした関節をサポートしてくれます。

 

膝の関節痛や腰痛でお困りでしたら、どうぞ、効く理由のないサプリメントには目もくれず、「N-アセチルグルコサミン コンドロイチン」を試してみてください。

 

N-アセチルグルコサミン&コンドロイチンサプリの詳細 (90日間全額返金保証)

 

nアセチルグルコサミン&コンドロイチン