関節痛

MENU

適度な運動が必要な理由

 

関節痛や腰痛に悩まされないためには、骨を取り巻く筋肉が衰えさせないことが大切です。たとえ加齢などによって膝の関節軟骨が擦り減るようになっても、筋力があればある程度カバーすることができます。

 

一般的に男性よりも女性に関節炎の症状が現れやすい傾向があるのも、男女の筋力の差がひとつの要因として考えられています。関節や筋肉は、使わわずにいることで次第と硬くなってしまいます。 体が硬いとなかなか運動しようという気にならず、これがより体を動かさない理由となって悪循環を及ぼします。

 

日頃から運動を取り入れ、筋力以外にも体の柔軟性を保つことは、老化防止や関節炎予防に大きな影響を与えるのです。 関節炎は単に加齢だけでなく、筋肉を使わない日常生活が影響し段々と関節を変形させることで起きるものとも言えます。

 

骨格は人によって違うものですし、関節の状態も皆同じという訳ではありませんが、生まれ持ったもの以外に日頃の運動量や肉体的負担は関節炎に深く関係するのです。現代は若い世代であっても日常生活の中で運動を取り入れない人が増えていることから、比較的早い年齢から膝の痛みを訴える人が増えてきています。

 

他、肥満に悩む人も増えていますが、体重の増加も関節に大きな負担をかける一要因です。 年齢を重ね高齢になっても足腰元気に動かせる体でいるためには、日頃の適度な運動習慣で肥満を防ぎ、筋肉や柔軟性を維持することが大切なのです。

 

また、既に関節痛の症状が酷く、足腰を動かすのが辛いといった場合もあるかと思います。 たとえそうした場合であっても、無理のない範囲で「動かす」ことは、悪化を防ぐ上でも大切なことです。

 

控えめに少しずつでも構いませんので、動かすことで筋肉や柔軟性を取り戻していきましょう。

 

また、こうした場合の痛みの軽減にも、MSMの入ったグルコサミンとコンドロイチンのサプリメントはお勧めできます。 少しでも軟骨が再生できるようサプリメントを続け痛みを軽減しつつ、適度な運動を取り入れ筋力を高めていきましょう。

 

nアセチルグルコサミン&コンドロイチン