関節痛対策にウォーキング

 

関節に痛みが生じている際に無理するのはよくありませんが、体に負担の少ないウォーキングは関節痛予防としてお勧めできます。

 

また、ウォーキングで得られるメリットは、関節痛だけのものではありません。

 

例えば、体力・持久力が付く、心肺機能を高めるといったように、健康そのものに良い影響を与えていきます。 年齢を問わず簡単に始められ無理なく続けられる運動ですので、日頃から運動不足を感じている方は是非日常にウォーキング習慣を取り入れてみてください。

 

ウォーキングは他に比べれば膝への負担はかなり少ない運動ですが、歩く路面の状態に意識を向ければ、更に負担を軽くすることができます。 例えば土の上など柔軟性のある所を歩く、坂道があるルートは避けるなど、ウォーキングルートを事前に考慮しておくと良いでしょう。

 

既に痛みがある際でも、ウォーキング程度なら無理をせずにできるだろうといった場合には、膝の状態が悪化しないようサポーターを活用することもお勧めします。

 

サポーターをすることによって膝の動きが安定すれば、痛みをかばうことなく歩けるようになる上に、膝を冷やさず血行の良い状態を維持することができるため、痛みを軽減させることもできます。

 

サポーターにも様々な種類がありますが、自分の膝に合ったフィット感が良いものを選ぶようにし、使用の際は締め付けが強くし過ぎず、血行不良を起こさないよう注意しましょう。

 

関節の老化を低減し筋力を向上させ、筋肉が関節をしっかりとサポートできる体作りを無理なく行う上では、ウォーキングは最も適した運動と言えるかもしれません。

 

膝に痛みを感じている場合には、サポーターの活用、またグルコサミンとコンドロイチン、MSMを摂取しつつ、日常にウォーキングを取り入れていくことをお勧めします。

 

nアセチルグルコサミン&コンドロイチン