軟骨とグルコサミン

 

人間の関節は、人体が複雑な作業をこなすために欠かせません。その関節の骨と骨が繋がっている部分を覆うのが軟骨で、水分を中心とし、コラーゲンやコンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸などで構成されています。それぞれがクッション性や水分保持、関節の動きをスムーズにする働きを担っています。
しかしコラーゲンなどの体内生成量は加齢と共に低下していくため、軟骨は年を取るといつしかすり減っていくのは避けられません。関節のクッションが失われるわけですから、骨と骨がぶつかったり、関節が滑らかに動かなくなり、動く時にはきしみや痛みが生じてしまいます。

 

グルコサミンは、関節をサポートしてくれるの健康成分として注目を集める物質です。グルコサミンはアミノ糖の一種で、身体の中でもブドウ糖を原料にして作られています。カニやエビなどの甲殻類の殻に多く含まれている成分ですが、通常の食事では十分な量を確保するのが難しい成分でもあります。
グルコサミンは、軟骨成分として関節の緩衝材としての役目を果たすだけでなく、血液や血管、皮膚などにも働きかけるとされています。つまり、関節の動きをスムーズにすると同時に、血流改善や肌のハリや潤いを向上させるなど、健康維持の大きな助けとなる成分なのです。

 

グルコサミンとコンドロイチンのメリット

 

巷には色々な健康サプリメントが出回っていますが、その中でも長年愛飲者が多いサプリメントがあります。
そのサプリメントとは、グルコサミンとコンドロイチンを配合したものです。
この2つの成分は関節痛の予防・改善に効果があると言われています。

 

そもそも、関節痛は関節部分にある軟骨が、すり減ってしまい起こるケースがほとんどです。
年齢を重ねると軟骨の再生能力が衰え、関節を動かした時に骨と骨とがぶつかり合いやすくなります。
ですので、ひざの曲げ伸ばしなどで、痛みを感じるようになるのです。

 

グルコサミンは軟骨を作る主成分となる、プリテオグリカンの原料となる成分です。
この成分を十分に補う事で、軟骨の再生を促す効果が期待できます。
そして、コンドロイチンも関節痛対策には、必要不可欠な成分です。

 

この成分は軟骨をスムーズに動かしたり、クッション性を高める効果があると考えられています。
グルコサミンと一緒に摂取する事で、関節を動かした時のダメージを抑える事が可能です。
どちらか1つでも関節痛対策には繋がりますが、両方一緒に補う事で、よりメリットが高まります。

 

ですので、サプリメントを選ぶ時はグルコサミンとコンドロイチンが、含まれている商品を選びましょう。