グルコサミンが低下する要因

 

グルコサミンやコンドロイチンに関しては、お互いに関節内部における代謝の作用について大切な働きを行っています。
グルコサミンは軟骨を再生させる細胞を活性化させる作用があるために、関節同士の軟骨が摩耗によってすり減ってしまったときに、再生させる役割を果たしています。
軟骨がすり減ることで骨同士が直接当たりやすくなりますので、それが原因となり関節痛や膝痛、腰痛などを発症します。
これらの痛みの発症を防止するためには、軟骨を再生させることが大切で、そのためにはグルコサミンがしっかりと生成されている必要があります。
しかり、グルコサミンは加齢が原因となって低下していく成分であることがわかっています。
体内における量は年齢が20歳代をピークとして、その後減少していき、40歳代になると20歳代の半分ほどに低下すると言われています。
ですので、高齢者になれば関節炎の症状を患っている人が増加することになります。
体内の成分量が低下するために、関節炎などの症状を和らげるためにはサプリメントを摂取することで補給する必要があります。
1日あたり1000mgから1500mgほどを摂取することで、関節炎による痛みを軽減できると言われています。

 

抜け毛にもグルコサミンと言われるワケ

 

アミノ酸の一種であるグルコサミンは、グルコースとアミノ酸の結合により出来ているアミノ糖のことです。エビやカニ類の甲羅に含まれるキチンに含まれている成分で、関節痛などにも用いられる成分です。そんなグルコサミンですが、抜け毛にも効果的と言われるのには理由があります。髪の毛が元気に育毛するためには、血行が良いことも外せません。頭皮であったり、髪の毛も先の部分まで、しっかりと必要な栄養素は届けられなければなりません。頭皮が固くて、血液循環が良くない状態であれば、育毛効果は半減してしまいます。毛細血管を適度に広げて、血行を促進させるためにも、グルコサミンはサポートとなります。成分を摂取することにより、体内の血の巡りは良くなっていきますから酸素や栄養素も細胞にまでたっぷりと届くことになります。血行が良くなりますから、栄養素も末端まで行き届いて、その結果育毛効果にもつながるという作用になります。体内の血行を促進させることは、多くの女性が抱えがちな、冷え性を改善していくことにもつながります。抜け毛改善のためにも効果的です。その他にもグルコサミンは、女性にも嬉しいことに、肌を美しくする効果を発揮してくれます。