グルコサミン情報

 

高齢者に多い症状として、膝などの関節の痛みがあります。
関節症を発症している人の中には、変形性関節症の方も多くて、関節のクッションの役目を担っている軟骨がすり減ることによって骨同士がぶつかりやすくなる影響で痛みを感じます。
年齢を重ねるにつれて変形性関節症を発症する人が増えることは、膝などを駆使してしまったために関節の軟骨部分が摩耗していることが原因と考えられます。
グルコサミンは軟骨の細胞を再生させる効果のある成分となりますが、年齢が高くなるにつれて減少する特徴があります。
そのために加齢による影響によって体内のグルコサミンは徐々に少なくなっていき、軟骨が摩耗した場合でも再生させる能力が衰えていきます。
変形性関節症は日本人には少ない症状でしたが、近年では生活環境の変化や欧米型の食生活、運動不足なども原因のひとつではないかと言われています。
体内のグルコサミンの量は年齢と共に減っていくものですので、食生活の改善やサプリメントの服用などによって補給する必要があります。
グルコサミンを継続的に摂取することで、関節における軟骨の再生能力や軟骨の分解を防ぐ能力を補うことができます。
さらに、コンドロイチンも同時に服用することによって、関節痛の緩和をさせる効果を上げることが可能になります。

 

猫用サプリ、グルコサミンについて

 

サプリメント先進国といえる米国では、1990年代ごろからペットの関節炎の緩和のためにサプリメントが使用されています。
サプリメントに関しても、動物への効果の検証が行われているものであれば、猫などの動物用のサプリメントの販売も行われています。
現代ではペットは飼う対象ではなく家族として共に過ごす対象となっているために、ペットの猫が関節炎の症状を患っているときには、グルコサミンのサプリメントを飲むことで痛みを和らげる効果が得られます。
近年では人間と同じように肥満などの原因によって、関節の負担が増加しているペットが増えていることもあって、膝の関節に炎症を患っている場合や股関節に痛みを抱えている動物も増加しています。
グルコサミンには関節の抗炎症作用があるために、人間と同じようにペットの猫が関節炎の症状を発症した際に飲ませてあげると、症状を改善させることが可能になります。
グルコサミンのすり減った軟骨を再生させる作用は、ペットにおいても有効であると考えられています。
人の場合には成人病を患うケースが増えていますが、現代のペットは運動不足に陥っていることが多いですので、様々な病気の合併症に関しても予防する必要性が高くなっています。
グルコサミンには血小板凝集を抑制させる作用があるというデータもありますので、ペットが痛そうにしているときには飲ませてあげることが最適です。