グルコサミンで捻挫予防

 

関節の健康に欠かせないことで広く知られている、”グルコサミン”ですが、実は捻挫の予防にも効果が期待できることはごぞんじでしょうか?若い人でも高齢者でも、年齢にかかわらず時に経験してしまう、捻挫。特に高齢者にとっては、なかなか治らず、そのまま寝たきりになるケースもあり、どうしても避けたいものです。

 

グルコサミンは軟骨の構成成分のひとつです。この成分が不足すると、関節痛を引き起こしたり、関節をスムーズに動かすことができなくなります。関節の動きが悪くなり、可動域が狭くなればなるほど、怪我のリスクが高まってしまうのです。よくスポーツ選手も入念にストレッチをしていますね。それは、関節の可動域を広げ怪我なくプレーするためなのです。それほど関節が滑らかに動くことは、怪我防止に重要だということなのです。食事やサプリメントなどで、しっかり体内にグルコサミンを取り入れることは、捻挫予防につながるのです!

 

スポーツに打ち込んでいる若い人にも、絶対に怪我をしたくない高齢者にも欠かせない成分なのです。メーカー各社、様々なタイプの商品を、お手頃な価格で提供しています。自分に合ったタイプのグルコサミンを上手に取り入れて、生き生きと活動的な毎日を過ごしたいものですね。

 

グルコサミンたっぷりレシピ

 

グルコサミンは、CMや雑誌広告、TVなどで一度は聞いたことがあると思います。通販やドラッグストアにもサプリメントが多く販売されているのを見かけます。具体的な効能として、すり減ってしまった軟骨の再生や修復、関節痛の痛みの軽減などです。グルコサミンは、食品にはあまり多くは入っていない栄養素でアミノ酸で分子の量が小さいので吸収率が高いのが特徴です。

 

グルコサミンが多く含まれている食品は、さと芋、オクラのネバネバ系や豚、牛、鶏などの軟骨やうなぎなどです。寒い時期や季節の変わり目などは関節痛がでやすいので、体を温めて血行をよくしてしっかりとケアしましょう。せっかくグルコサミンを摂取するのであれば毎日の食事から積極的にとっていきたいですね。

 

レシピとしては、お肉をさと芋に変えてさと芋のハンバーグです。胃腸の働きを強くする作用もあるので一石二鳥です。他には、寒い時期などにはさと芋のグラタンやシンプルにさと芋の炒め物などです。オクラは、夏にさっぱり食べられるオクラ入り冷しゃぶサラダやそうめんなどの麺類に入れてもおいしく食べられます。パスタに入れてもおしゃれです。軟骨ですと、煮物にしてコラーゲンでお肌もプルプルで美容にもよい献立ができます。唐揚げにして居酒屋のおつまみ風としてもおいしいです。