グルコサミンが人気の理由

 

グルコサミンは肘や膝などの関節部分において、大きく影響を与える成分で、元々体内にあるものですが加齢によって減少していく特徴があります。
グルコサミンは軟骨の細胞を生成できるように活性化させることや、摩耗によってすり減った軟骨を再生させる効果、軟骨が分解されることを防止する効果などがあります。
高齢になってくるとグルコサミンが減少することによって、軟骨の再生能力が衰えるために、骨同士が当たりやすくなって関節痛の症状を発症しやすくなります。
加齢による影響で膝や腰などの関節部分に炎症が起こって痛くなりますが、グルコサミンには関節痛の症状を緩和させる効果があるために人気が高くなっていると考えられています。
関節痛を和らげる効果の他にも、免疫力を引き上げる作用や美しい肌を作るための効果などもあると言われています。
肌の保湿効果を高めることで有名なヒアルロン酸も、この成分から作られますので高い美肌効果がある成分となります。
関節の痛みに効果があることに加えて、肌のシワやたるみの改善の作用が期待できることでアンチエイジング効果を得るために摂取している人も多くなっています。
また、サプリメントとして販売されることが多いために、手軽に摂取しやすい商品が販売されていることも人気の秘訣と考えられます。

 

知っておいて損はない!グルコサミンが担う身体への役割

 

グルコサミンは食品などに含まれている栄養素で、軟骨細胞から作られるアミノ酸と糖が結合した成分となります。
プロテオグリカンやグルコサミノグリカンを生成する原料となる成分であるために、軟骨生産細胞を活性化させたり、すりへってしまった軟骨を再生させる役割や、軟骨が分解されてしまうことを防止する働きがあります。
関節の表面部分は軟骨で覆われていることになりますが、軟骨組織に柔軟性を与えるためにプロテオグリカンが必要になります。
そのプロテオグリカンを生成するためには、グルコサミンやコンドロイチンが不可欠です。
関節痛の緩和の作用を及ぼす効果がある成分としてはコンドロイチンも挙げられますが、グルコサミンと同時に併用することによって、破骨細胞のタンパク質分解酵素の活性を抑制させる効果も期待できます。
変形性膝関節症では膝に痛みの症状が現れることになりますが、この成分を摂取することによって変形性膝関節症の症状を緩和させて、膝の関節におけるクッションを再生させる役割を果たす効果があると考えられています。
1日あたりにおいて1000mg~1500mgを摂取することによって、変形性膝関節症の症状が改善されたという報告もあります。