グルコサミンとアトピーの関係について

 

“グルコサミン”と聞くとすぐ、関節への効果を思い浮かべる人は多いかもしれません。よくテレビのCMで出てくるのでおなじみですね。
実はその成分が、つらいアトピーの症状改善への効果も期待できるというのです。そのメカニズムについてご説明します。

 

アトピーを悪化させる原因のひとつは、肌の乾燥です。乾燥肌はヒアルロン酸などの保湿成分の不足のために、バリア機能が弱くなっています。そのため、足りないヒアルロン酸を補う必要があります。そのヒアルロン酸の主成分が、“グルコサミン”なのです。そのうえ、この成分にはヒアルロン酸の生成を促す作用もあります。そのためグルコサミンが不足するとヒアルロン酸も不足し、その結果、肌の乾燥を招くということなのです。

 

不足した成分を補う一般的な方法は、サプリメントを口から摂取することです。メーカー各社様々な商品を提供しています。また、化粧品として肌から直接補うタイプの商品もあります。自分の肌にあった、手作りコスメを作る方のために、粉末タイプのものも販売されています。

 

アトピー肌の乾燥を防ぐのに欠かせないグルコサミン。上手に取り入れて、乾燥肌の緩和、そして美肌を目指すのはいかがでしょうか!

 

加齢によるアキレス腱の痛みならグルコサミンがおすすめ!

 

アキレス腱は、足首の後ろにある結合組織のことを指します。腱(骨と筋肉の結合組織)の中でも最も強い部分にあたり、ギリシア神話の喩え話にも聞かれる言葉として有名です。歩行時の踏み込みなどに大きく機能される部分ですが、同時に相当の負荷が腱にかかるため、炎症や断裂のおそれがあることで知られています。また、炎症や断裂の際になかなか治癒されないことから、未然に防ぐ取り組みが推奨されています。

 

アキレス腱は、老化に応じて機能が低下されることが確認されており、一層の注意が求められることになります。特に、体の曲げ伸ばしに貢献する軟骨がすり減ることによって、関節部分に痛みが生じるケースが見受けられます。原因が究明された時点では、食生活では十分に摂取できないグルコサミンでしたが、現在ではサプリメントの開発によって問題が解決されようとしています。グルコサミンとはアミノ酸の一種で、カニ・エビの殻に含有するキチン質から生成される物質です。中でも、グルコサミンにはすり減った軟骨を再生させる効果が確認されており、関節間の痛みを和らげる要素として注目を集めています。これは、高齢者が抱える関節痛の根本的な対処法として捉えることができます。