グルコサミンと医療費控除

 

腰痛や腰の痛みなどの関節痛を解消するためにグルコサミンを服用することがあります。グルコサミンには、すり減った軟骨を再生することができる効果があるため、腰痛や腰の痛みなどの関節痛の治療目的で使用されます。栄養補助食品としてたくさんの種類のものが販売されていて気軽に服用することができますが、毎日飲み続けていると費用もかかります。しかし、種類によっては医療費控除が適用されるので費用を抑えることができます。栄養補助食品であるサプリメントとして販売されているものは医療費控除は対象外になり、グルコンEX錠というものであれば対象になります。グルコンEX錠は、健康補助食品ではなく一般用医薬品としての第3類医薬品に分類されるものになるので対象になります。健康補助食品は対象外になり医薬品は対象になるので、購入するときには必ず確認が必要です。控除を受けるには、確定申告での申請が必要になるので、申請をしなければ医薬品のものを購入しても控除になりません。また、誰でも医療費控除の対象になるわけではなく、1月1日から12月31日までの1年間で医療費が10万円を越えた場合に申請をすることができます。申請には、購入時の領収書が必要になるので大切に保管しておく必要があります。

 

犬でもつかえるグルコサミンの力とその作用

 

犬の種類によっては散歩などの運動を繰り返すうちに足腰への負担がどんどん蓄積してしまう場合があります。そして、運動不足などによって体重が増えてしまうと足腰への負担がより大きくなってしまう恐れもありますし、足腰への負担が大きくなってどんどん負担が蓄積されてしまうと、関節痛や関節炎などの症状が起こってしまう可能性もあります。そのため、人間と同じように犬にも有効なのがグルコサミンです。人間と同じように体内にグルコサミンを摂取することによって関節痛や関節炎などの関節に関わる症状を和らげる作用が期待できますし、足腰への負担などによって炎症などの症状が起こらないように関節を保護する予防作用や皮膚の状態や毛並みが良くなる作用なども期待できます。そのため、最近では犬用のサプリメントにグルコサミンなどの成分が含まれているものがあります。しかし、摂取することで期待できる作用は種類によって違いがありますし、体質や体調などよってはグルコサミンが含まれているサプリメントなどが合わない可能性や与え方などに注意が必要な場合があります。そのため、気になる場合は与える前にかかりつけの獣医さんなどに相談することも必要です。