グルコサミンを摂取する意味ついて

 

関節痛の悩みを抱えている人の中では、グルコサミンを積極的に摂取している人も多いでしょう。
グルコサミンとはアミノ酸の一種となる成分で、保湿効果のあるヒアルロン酸の成分ともなっているものです。
人間の身体の中に存在している成分で、軟骨を生成する役割を担っています。
自然界の中ではエビやカニなどに代表される甲殻類に多く含まれている他、山芋やオクラなどを食べることでも摂取することが可能です。
骨と骨をつなぐものが関節になりますが、つなぎ目の部分は関節の軟骨で覆われています。
関節軟骨は曲げたり伸ばしたりするときに摩耗することを防ぐ、クッションのような役割を果たしています。
関節軟骨はコラーゲンや軟骨細胞、プロテオグリカンによって生成されています。
プロテオグリカンは軟骨の水分を保つ物質となっており、圧力が加えられたときに分散したり吸収することができます。
関節を上手く動かすために欠かせない成分となるものがプロテオグリカンで、それの原料となっているものがグルコサミンです。
減少してしまうと、軟骨がすり減ってしまって弾力性が衰えてしまうために、関節に痛みを感じる原因になります。
グルコサミンは人間の関節を守るために、とても意味のある成分と言うことができます。

 

摂取する前に知っておきたい!グルコサミンの一日の摂取量として適切な量とは

 

関節の痛みに効果を発揮することで知られるのがグルコサミンです。病院で打つ関節内注射のヒアルロン酸等のの成分であり、特に高齢者に多い、関節炎などに効果を発揮します。
グルコサミンは、体内で生成できる物質でございますが、年齢を重ねるごとに生成の能力が衰え、骨と骨を繋ぐクッションの役割が果たせなくなります。
また、高い保湿力で化粧品などにも使われているヒアルロン酸の成分なので、加齢を原因として失われてしまったお肌の張りにも効果があることで知られております。
サプリメントでは、一日の摂取量は1000mg~1500mgになっており、その理由が、沢山取りすぎると副作用を起こす可能性があるからです。
ブドウ糖とグルタミンが合わさった、ムコ多糖体と呼ばれるものが主成分で、特に身体に毒となるものではないのですが、痛みを早く治したいと摂取する量を毎日2、3倍で1ヵ月続けたりすると、胃腸障害を起こす可能性があります。
基準値では、1日1000mg~2000mgとなっていますが、体重などによって適切な量が変わってくるため、必ずしも多く摂取するのが良いわけではないのです。
もしも効率良く身体に吸収させたいのであれば、分子量によって体内吸収のしやすさが異なるので、分子量が小さなグルコサミンを選ぶことが重要になります。