グルコサミンとキトサンの関係

 

健康的な生活を送るときに栄養成分が気になりますが、そのなかでグルコサミンやキトサンというような言葉を耳にします。これらは人間が歩いたり動いたりするときの間接に大きく関わっている成分です。キトサンの特徴は高分子であるということです。すなわち分子がたくさん結合した状態の多糖類ということになります。これをこまかくするためには加水分解をしなければいけません。そして最小の単位である単糖にまで分解をすることができるのです。この加水分解の段階で発生するのがグルコサミンと言うことになります。高分子の状態では体に吸収されずに体の外に排出されますが、小さな分子の場合には体内にしっかりと吸収されるのです。キトサンにはキチンが約16パーセント含まれています。そしてここにグルコサミンという単体がたくさん結合しているのですが、複数から10個程度結合した物がオリゴ糖になります。ガンや糖尿病や高血圧や肝炎腎臓病やアレルギー疾患などの症状を改善するという効果があります。人の体の中にはいると、腸内の細菌が作り出す酵素で分断されて、腸壁から吸収されるようになっています。ビタミンCを一緒に摂取するとさらに吸収力が上昇します。

 

グルコサミンとその機能性表示について

 

政府の閣議決定によって食品の新たな機能性表示制度の検討と言うことが進められています。ここでは最終製品を使った人による試験によって、科学的根拠を証明したり今まで行われてきた研究の解析評価による実証などを基に、健康維持や増進に関する表示を行うというような内容になっています。この対象食品としては、一般的な食品や健康食品や野菜や魚となっています。食品を選ぶ消費者は、しっかりと情報を収集して使用価値がある物であるかを把握することが重要になります。そこでグルコサミンに関しても機能性表示が行われています。グルコサミンは動物の軟骨やカニやエビの殻などに含まれるアミノ酸の異種となっています。関節の痛みを和らげるという効果があります。この成分の機能性に関しては、消費者庁が食品の機能性評価モデル事業と言うところの評価によって、適切な摂取によって効果が期待されるという一番上位の評価がされています。食品成分であるということで安全性が大切になりますが、このほかには個人個人の使用による効果の実感と言うこともこの機能性表示に大きく関わってくると言うことになります。消費者が大切にしなければいけないことは、摂取したときにどのような反応をするのかという判断をする能力をしっかりと身に付けておくことになります。