Nアセチルグルコサミンの浸透率

 

グルコサミンといえばよく耳にしますよね。
関節痛の原因となっている軟骨の減少を改善するうえで効果的な成分だといわれています。

 

このグルコサミンはサプリメントなどでも手軽に摂取することができると考えられています。
しかし、普通のグルコサミンよりもNアセチルグルコサミンの方が摂取してからの浸透率というのは非常に高いと言われているのです。

 

膝や関節のクッションとなっているヒアルロン酸というのは年齢によってどんどん減少していきます。
従来のグルコサミンというのは、正確にはグルコサミン塩酸塩と呼ばれるものでした。

 

このグルコサミン塩酸塩というのは体内でNアセチルグルコサミンに変換され、それからヒアルロン酸に変化して利用されていました。
しかし、これではヒアルロン酸として働くまでに無駄がありますよね。

 

そこで、Nアセチルグルコサミンであれば摂取してすぐにヒアルロン酸に変化することができますよね。
つまり、Nアセチルグルコサミンというのはグルコサミンができる原料でもあるのです。

 

Nアセチルグルコサミンの方が一般的なグルコサミンよりも体内で利用できる幅が広がりますし、摂取してから体内で働き始めるまでもスピーディなんですよ。

 

nアセチルグルコサミン&コンドロイチン