変形性膝関節症の痛み

 

 

膝関節の痛みを解消するという方法はいくつかあります。
CMでも取り上げられているのでご存知の方も多いと思いますが、グルコサミンという成分をご存知でしょうか?

 

グルコサミンとは人間の体内にある粘着性のある身体に必要不可欠な成分になります。
軟骨細胞を作るうえで欠かすことができない成分です。
そのため、しっかりとグルコサミンを補給しなくてはなりません。

 

このグルコサミンが欠乏してしまうと関節の新陳代謝がスムーズに行われなくなります。
当然ですが軟骨をしっかりと作り出すことができなくなってしまいます。

 

しかし、年齢を重ねるにつれて、身体というのはどんどんグルコサミンを合成することができなくなります。
つまり、グルコサミンは体内からどんどん消えていくのです。

 

変形性膝関節症の治療においてグルコサミンは非常に注目されている成分です。
現段階においてはグルコサミンはサプリメント等を使用して体内に補給することが推奨されています。

 

ヒアルロン酸のように注射で直接膝に注入することはできません。
今後はグルコサミンを注射で膝に直接注入することもできるようになるかもしれませんが、今のところはサプリメントが有力なようです。