変形性膝関節症の症状と年齢

 

 

年齢を重ねると膝の調子が悪くなることもありますよね。
この膝の調子が悪くなるというのはもしかしたら変形性膝関節症による痛みの可能性もあります。

 

人間の身体というのは関節があります。
そしてその関節には軟骨があるのをご存知ですか?

 

その軟骨というのは関節部位をスムーズに動かすためには必要不可欠なものです。
軟骨は弾力性に優れており、関節を動かす時には衝撃を吸収する働きがあります。

 

しかし、軟骨というのは使えば使うほど摩耗されていき減少してしまうものなのです。
そのため、消しゴムのように少しずつすり減っていってしまいます。

 

この軟骨の減少が進んでしまえば変形性膝関節症を発症してしまうことになります。
この病気が何故高齢者に多いかというと年齢が若いうちには軟骨部分がすり減ってもそれをすかさず再生することができるのです。

 

しかし、年をとると再生する力が衰えてしまいます。
そのため、すり減った軟骨はそのままの状態になってしまい痛みが生じるというわけなのです。

 

症状を抑えるには軟骨部分の再生を行う必要があります。
そこで効果的な成分がコンドロイチンやグルコサミンといったものです。
これらはサプリメントを飲むことで体内に摂取することができるんですよ。