コンドロイチンとグルコサミン

 

 

グルコサミンとコンドロイチンというのはどちらも関節に良いとされている成分です。
数多くの健康食品やサプリメントに利用されています。
グルコサミンとコンドロイチンが1つのサプリメントになっているものも多いです。
では、サプリメントを選ぶ時にはどのような点が異なるのか、ということに疑問を持っている方も多いでしょう。

 

ここでは、グルコサミンとコンドロイチンについて簡単にご紹介します。
まず、グルコサミンというのはアミノ糖と呼ばれている物質です。
軟骨を構成するうえで欠かせないムコ多糖類であるプロテオグリカンを生成する成分になります。

 

軟骨の原料でもありますので、グルコサミンには軟骨の再生や修復といった効果があります。
一方、コンドロイチンはプロテオグリカンに存在している成分になります。

 

コンドロイチンはグルコサミンから作られており、コンドロイチンには直接軟骨を生み出すことはできません。
しかし、軟骨の分解を抑制することで軟骨に水分を維持させるという重要な役割があるのです。

 

コンドロイチンだけでは関節の機能を維持、改善することはできませんし、グルコサミンだけでも十分な効果を得ることができないため、どちらもしっかりと摂取すべきです。