グルコサミンとMSMクリーム

 

グルコサミンとコンドロイチンというのは関節の軟骨に作用する成分です。
軟骨細胞を活発にする働きがあるのです。

 

このグルコサミンとコンドロイチンの働きによって関節の痛みを除去することができ、病気の症状を軽減することができるといわれています。
しかし両方とも同じ効果ですのでグルコサミンとコンドロイチンの2つを摂取する必要はないのではないか…
そのように思われている方も多いのではないでしょうか?

 

実際にコンドロイチンとグルコサミンというのは非常に良く似た効果を持っています。
しかし、異なる点もあります。
コンドロイチンというのは軟骨成分なのですが結合組織において弾力、水分といったものを与えることができるのです。

 

一方、グルコサミンは軟骨細胞を活性化させる働きがあります。
そしてコンドロイチンなどの物質を生産する働きがあるのです。

 

軟骨細胞のグルコサミンにの働きによって活性化している細胞を、さらにコンドロイチンによって栄養を与えることができるんですよ。
グルコサミンとコンドロイチンの2つを摂取することによって、より効率よく体に吸収しやすくすることができるんですよ。

 

そのため、グルコサミンとコンドロイチンはセットで摂取するというのが良いんですよ。
MSMクリームにはこのグルコサミンとコンドロイチンが配合されていますので、皮膚から直接患部にグルコサミンを吸収させることができるんですよ。